コンブチャ育てて腸内環境正常化

友人がコンブチャを育ててると聞いて「一体なにそれ?」と思って見に行ったのがコンブチャとの出逢いでした。

見た目は正直気持ち悪くて「何これ」と思ったのですが、その場で炭酸水で割ったコンブチャを作ってくれて飲ませてもらいました。酸味が少しあるけど普通に美味しいドリンクだったので自分も育ててみたい!と分けてもらったのです。

何のトラブルもなく無事育ったコンブチャを毎朝飲んでいます。暑い季節は炭酸で割り、寒い時は原液でサプリメントを飲む感覚です。手作りドレッシングや苺などで二次発酵させるのもお気に入りです。

何より最初は気持ち悪いと感じたコンブチャの成長を見てるのが楽しかったりもします。

今日も新たな膜がはってるのを見て「よしよし」と声をかけてしまいました。

乳酸菌などがたっぷり入っていて健康にも良いそうで、牛乳など好きな飲み物と一緒に飲めて便利です。

飲み始めてからまだ間もないので大きな変化はないのですが、デスクワークで足がむくみやすかったのが改善されてきました。

お通じも若干ですが良くなってきた兆しを感じていて、2日に1回はお通じがくるようになったのが嬉しいです。

健康にいいですし何よりおいしいですから、毎日飽きずに続けられます。

>>コンブチャにダイエット効果があるって本当?

乳がん疑いがあって検診を受けた

私は今年、乳がん検診で引っかかってしまいました。
ここ数年は毎年マンモグラフィーとエコー検査を1年交代で受けていた私。そして今年は自治体が行っている集団検診でマンモグラフィーを受けたのですが、「要精密検査」との結果が出てしまいました。
急いで病院に行って詳しくエコー検査とマンモグラフィー、そして細胞診を受けてみると、陽性の疑いを捨てきれないとのことで今度は組織検査(針生検)を受けました。
結局、結論としては「乳腺症」とのことで陰性ではあったのですが、最終結果が出るまで1か月以上かかり、その間は生きた心地がしませんでした。
ただ、この期間中に今まで知らなかった乳がんのことを色々と調べることで知識がついたのは良かったと思っています。
乳がんにかかるリスクが高いのはやはり近親者に乳がん患者がいること、そして出産や授乳経験のない人ということ。ただ、良性乳腺疾患も乳がんのリスク因子にはなりうるそうなので、私も今回は良性だったからと言って安心せずに生活習慣に気をつけ、最低でも半年に1回は検診を受けないとと思っています。
特に私はお酒が大好きなのですが、飲酒量が多いほど乳がんリスクも高まるそうなので…(汗)。
ただ、乳がんは早期発見であれば治るがんだと言われていますので、正しい知識を身に付けることがまずは大事だと思いますね。

>>がん予防の最新研究「フコイダン」⇒フコイダンサプリの口コミは嘘?信頼性について

野菜は冷凍が一番!

野菜の価格が高騰していることもあって、なるべく安い時に購入しておきたいと思うことは、主婦なら自然なことですよね?

しかし安い時にまとめて購入しても、結局使いきれずに腐らせてしまった、ということもあるでしょう。

でも、せっかく安い時に購入しているのですから、無駄にせず使い切りたいものですよね?

そんな時こそ、野菜を『冷凍』してしまいましょう!

実は冷凍保存できる野菜は思った以上にたくさんあるのです。

冷凍してしまうと生食することはできませんが、もともと加熱して食べるものなら冷凍したほうが便利なこともあるんです。

例えば、キノコは食べやすい大きさにカットして、ネギやニラも小口切りにして、トマトは丸ごとそのまま、玉ねぎは調理法に合わせてみじん切りやくし切りで、こうしておくと、使いたいときにパパっと使えて便利です。

野菜をたくさん購入したら、できるだけ新鮮なうちに下処理をして、冷凍保存するのがおすすめです。

後、下処理のときに利用したいのが、野菜を洗う洗剤。

びっくりするくらい農薬やら汚れが落ちるので、ぜひベジセーフで洗ってから使うのがいいですよ!

参考サイト⇒

赤ちゃんがよくなる乳児湿疹

娘の乳児湿疹が出てきたのは、生後5ヶ月位の時でした。
季節も冬だったので乾燥も加わり結構ブツブツがひどくなってしまったので、小児科に行ったら、塗り薬を処方してもらいました。
ひどい箇所には、少しステロイド薬が入っているものを処方され、そこまでひどくない箇所は、保湿剤で対応していました。
娘の場合は、かゆくてかいてしまったりしていたため、血が出てしまったり、ちょっと膿んでしまったりする箇所もあったので、普通の保湿剤だけではどうにもならなかったこともありますが、ステロイドとの調合薬を処方してもらってよかったと思っています。
それがなかったら、きっとかきむしってしまってもっと娘が大変な思いをした気がします。
ステロイドに関しては副作用のこととかもありますが、ちゃんとお医者さんのいうようにぬっていればそこおまで怖い薬ではないように私は思います。
乳児湿疹は、大体は自然に治ることがおおいみたいなのですが、赤ちゃんがかいてしまったり季節がよくなかったりすると悪化してしまう場合もあります。
なので、悪化する前に、小児科でみてもらって、処方された薬をぬることがいいと思います。
自己判断ですと、悪化する恐れもあるので、念のため小児科にいってみてください。
あわせて読むとおすすめ>>>>>アロベビー

私は鼻の毛穴の黒ずみで悩んでいます。

鼻の毛穴の黒ずみで悩んでいます。特に夏場ですが、何年も黒ずみイチゴ鼻が続いた結果、冬場でも毛穴が目立つようになってしまいました。
また、角栓の原因であるような鼻のテカリや油汗のせいで油っぽいへんな臭いにも悩まされています。
対策でまず始めたのが、スクラブ入りの洗顔。毛穴のなかの汚れまで落としてくれるということだったのですが、残念ながら黒ずみはなくならず、むしろスクラブのせいで痒みがでてしまいました。
次に使い始めたのがメイクも落とせる洗顔、皮脂の問題を解決しようとしました。しかしこれもあまり効果がなく、洗顔後数時間で脂が戻ってきてしまいました。
毛穴パックも角栓が大きすぎるのか全部とれずに悩み続けていました。
角栓やテカリは残りいろいろなものを試して肌はあれる一方。
新たに始めたのがオリーブオイルで鼻をマッサージするという方法。
オリーブオイルで鼻の毛穴を広げ、その後洗顔するといままでよりは汚れが落ちたかも?という気がします。
オリーブオイルも自然なもので肌に優しいので荒れもましになりました。
他にも効果的なものがないか知りたいです。
また最近はハリもなくなってきたので美容液オイルで乾燥肌にも言いそうなのでcoyori美容液オイルを使いはじめました。これがなかなか調子が良いようです。

冬の暖房で乾燥に負けない肌作り

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、フェイスマスクのように塗ったり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。ただし、良いオリーブオイルを利用するのでなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。同様に、自分には適合しないなと思った場合持ただちに肌に塗るのをとり辞めて下さい。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変えなければなりません。365日全く換らない方法でお肌をお手入れすれば自分のお肌にとって最良の方法ではないですからす。乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、刺激の弱いケアを生理前には行ない、強い刺激を避けるというようにお肌にとって大切なことなのです。肌にふれる空気や気候に応じて変化指せてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。オールインワン化粧品を使っている人も非常に多いです。スキンケアに使う化粧品をオールインワン化粧品にすると、ぱぱっとお手入れ完了なので、使われる方が増加傾向にあるのも確かに、不思議ではありません。乾燥にはこちらがオススメ

4a41e1d68d64c94190e2575c0c0b3013_s

思えば両脇の脱毛をしてからというもの、わき汗が気になるようになりました。
夏場などの汗ばむ時期はもちろんのこと、緊張した時、焦った時などにもわき汗が出てしまいます。そのせいで、淡い色の洋服は汗染みで黄ばんでしまうことが多々あり、洗ってもなかなか取れずに泣く泣く処分したものもあります。
わき毛が生えていた頃はそこまで汗が気になっていなかったのに、手入れの楽さを求めて脱毛をしてしまって、ちょっと浅はかだったかと思ったほどです。
また、タオルなどでわき汗を吹きとった際、自身の脇の臭いが気になることがあります。腕が出るような服を着ている時などは、汗をかいている・かいていないに関わらず、わき臭で他人に迷惑をかけていないかが気になって仕方ありません。

今の時期は、袖はなるべくゆったりした服を着たり、汗が出ても目立たない色目の物を着用するようにしています。また、しょっちゅう洗えないような洋服には、脇汗パッドなどを貼って、なるべく汗が響かないようにしています。
また、わきの臭いも若干気になるため、「クリアネオ」というクリームを塗ったりします。
汗をかいたときなどは必ず自分でもちょっと気になるかも、と思うので、もし隣近所に人がいる場合は、なるべく脇を開かないよう、腕を体から離さないように気を付けています。
脇汗を気にすることなく洋服を着たいと思うので、汗腺の手術も受けたいと思いましたが、脇から汗が出ない分、他の箇所から汗をかくことになるという事実を知り、その手術は諦めました。

髪に知らない間に玉結びが出来ている理由は?

髪が玉結びになる原因

ふと気がついたときに、髪の毛が玉結びになっていることはありませんか?

ロングヘアーの女性は、特に気づきやすいかもしれません。

自分で結んだ覚えはもちろんないし、いったいなぜこんな所に結び目が!?
と、不思議に感じます^^;

一説では、髪が自然に玉結びになるのは、いたずらな妖精さんのしわざだと言われていたり、
寝ている間に小人が結んでいる、というウワサもあるそうです。

また、地域によっては、髪に知らない間に結び目がついていると、誰かから熱烈に好意を持たれているという、ジンクスもあるとか!

では実際のところ、髪が知らない間に玉結びになっている理由は何故なのでしょうか?

髪の玉結びは、偶然の産物!

残念ながら(?)、髪の玉結びは妖精さんのしわざではなく、偶然の産物であることがほとんどなんです。

・睡眠中に寝返りを打ったときに、髪がからまって玉結びになった
・風がふいて、髪が乱れたときに、たまたま結び目となった
・冬に着替えをしたとき、静電気で髪が乱れて浮き上がり、それが玉結びとなって落ち着いた

などなど、自然現象や髪への摩擦などによって起こっていたのです。

ちなみに、ガチガチの玉結びになってしまった髪は、なかなかもとに戻すことができないので、結び目の近くでハサミでカットするしかありません。

髪は髪でも、ダメージを受けた髪――キューティクルが失われた髪は、玉結びになりやすくなっています。

大事に髪を不用意にカットしなくてもいいよう、普段から、ツヤ髪を維持するためにヘアケアを取り入れていきましょう。